清掃正社員の仕事からプログラマーに転職できる?

清掃の仕事からプログラマーへの転職というと、まったく関係がないので難しいと感じるかもしれません。しかし、ITエンジニアは時代のニーズがあり、人手不足の傾向があるので、清掃の仕事でも正社員として働いている人なら、プログラマーへの転職が成功する可能性があります。

プログラマーの仕事の求人では、「システム開発経験3年以上」といった条件がつけられていることが多いです。中途採用では即戦力となる人が求められる傾向があるので、未経験の人はこういった求人に応募しても、書類選考を通過することすら難しいでしょう。未経験の人は、「未経験者可」とか、「未経験者歓迎」と書かれている求人に応募することがおすすめです。

未経験者歓迎の求人では、その名の通り、未経験者を積極的に採用しようという趣旨ですから、未経験であることは不利な要素とはなりにくいです。未経験者同士の戦いなので、資格や学歴がある人が有利になると考える人がいますが、20代の前半ならともかく、ある程度社会人経験を積んだ人の場合には、資格や学歴はあまり重視されません。重要になるのは、それまでの社会人経験で何を経験してきたかということです。清掃の仕事はプログラマーの仕事とは全く関係がないように見えますが、実は基本的な部分では共通しています。社会人としての常識、マナー、コミュニケーション能力などです。清掃の仕事でも、正社員として責任のある仕事を任されてきたのなら、それはアピールポイントとなります。

プログラマーの仕事は、離職率がそれなりに高いようです。1年間勉強をしてもなにも身につかないという人もいるようで、向き・不向きがはっきりと分かれる仕事でもあります。未経験の人をいきなり正社員として採用することにはリスクがあるので、契約社員や派遣社員なども選択肢に入れたほうが採用される確率が上がります。