建設会社の正社員の工事課がおこなう挨拶

建設業に正社員と入社して工事課に配属されると現場管理がメインになります。多くの場合、社員が直接工事を行ったりするわけではなく、工事の下請け企業に依頼することがほとんどです。建設業を営んでいる企業は、多くの大工を抱えるほどの資力をもっているところが少なく、現場の数の多くなるために、多くの建設会社は下請として契約しているスタイルがほとんどです。現場の工事は下請けにまかせて、工事の進捗管理をおこなうのがメインの仕事になります。お施主様が考えている現場に行って、その土地の状況であったり水道管の状況、杭の状況、また境界石があるかどうかなどといった現場の管理をおこないます。そのような土地の状況を把握した上で、かかる工事内容であったり、それに伴う費用等を算出したりします。金額を算出する作業は大きな企業であれば積算専門の部署でおこなうこともあります。そのような過程でお施主様が土地契約をおこない、建物の請負契約をおこなった場合に、工事前には工事課の方で周囲の住民に対して挨拶をして回ります。工事において工事車両が入って近所に迷惑をかけることになるためにおこないますが、それは現場の下請がおこなうのではなく管理をおこなう担当が実施します。挨拶に行く際も手ぶらで行くのではなく、会社の社名が入ったタイル等を持って挨拶に行くのが一般的です。また工事途中において、近所に迷惑をかけた時も現場の大工に代わり工事課の正社員が代表して、時には手土産を持って挨拶に回ります。また時には近所と建設物に関してトラブルが発生した時も、代表で対応することになります。あくまでも現場作業者とは違い、現場担当者がスムーズに仕事ができるように、周囲の環境を整えるのがメインの仕事になります。